2009年09月15日

いまどきの人材マッチング

下期になり、だいぶ景気が上向きになってきたような気もするが、まだまだ案件は少ない状況。

そこで、この時代の人材マッチングについて、ちょっと考えてみた。
通常人材は、自社社員か、パートナー社員または個人事業主のいづれかかと思う。
社員の場合は、スキル情報〜個性まで営業担当が当然把握しているが、
パートナーになってしまうと、スキル情報は、紙より把握し、個性までは把握できない場合が多いのが実情かと。
または、紙(スキルシート)もない場合もあり、情報収集ができずにいる場合もある。
好景気であれば、案件を選んで仕事をすることも可能であるが、選んでいるうちに充足してしまったりするので、事前に空いているか否かの情報をもらっておくのが鉄則かと。その際に、スキル表ももらっておきたい。
こんなことを書くのは、実は、今回、久々にパートナーへ要員提案をしている。自社1名、パートナー2名である。
パートナーの内、1名は、かなり前からスキルシートをもらっていて、私も気に掛けていて、本人との調整もスムーズ。

パートナーから頂いたスキル表は、フォーマットがバラバラなので、弊社様式に変換し、直近プロジェクトについてのアピールなども追記。
なるべく、書類選考で目立ちたいので、多少でも工夫している。
(現在、書類選考では通過した。)
商品には、「ウリ」が必要な時代になってきている。

昔は、スキル表より面談重視で、決まったが、今は、まず書類。
大変な時代になってきているが、技術者の方の認識は薄い。
認識は薄い人は、当然決まらない。悪循環である。

そこは、営業が対応しないと。ドコモポイント

話がそれた気もするが、要は情報収集(提供)を早くするに限る。

フリーで空いている方は特に、スキル表を送る先があれば、送っとかないと、案件の賞味期限も、長くて1週間あるかぐらいで、結局、エントリーできないとなる。

本当に大変な時代になったものだ。猫
posted by 社長 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする