2008年05月23日

業界の厳しい状況

今年に入って、早くも5月であるが、業界の状況はかなり厳しい。銀行系:案件なし。。。あっても地銀、生損保:ポツポツ、流通系:オープン系ができれば少し。。
と、年々業務系開発もオープン化の波がきている。
ただし、依然として汎用機の案件は根強く残っている。
タイミングの問題である。

エンジニアとしては、両方できるのがいいかもしれない。
たとえばCOBOLでも、UNIX-COBOLなんてのもあり、unix知識不要の場合も多々あるので、安くても勉強がてら飛びつくのもいいかもしれない。
そういう私もその口である。
ただ、私のunixスキルを磨いたのは、現場ではなく、弊社で細々とやっているLinuxのレンタルサーバーである。
ただ、実績をつめば、NEXTの仕事にも役に立つことを痛感した。

ビジネスマナーでは、勤怠が上げられる。

弊社は、あんまりいわれたことが無いが、たまにある。

求人広告は、現在、案件が少ないので「お休み」している。
案件も少ないが、広告費は、一銭もだせない状況。
昨年の秋から、2月までにかなり使ったので。

しかし、年間契約してしまったものは、仕方が無い。

仕方が無いもので、job○○○ンのR○Pである。
これも、100%効果ゼロである。

毎月、利用料を払っているが、最近は振込み手数料を
節約して、2カ月単位に払っている。もちろん期日以内である。


posted by 社長 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック